「Wring that Neck」

DVDで観た映画の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイレージ、マイライフ

 マイレージ集めが趣味で「バックパックに入らない物は背負わない」が人生哲学の、家庭を持たずに年間300日超を出張に費やして全米を飛びまわるリストラ宣告人の主人公に、ネット解雇導入で出張全面廃止という合理化案が降りかかり云々というアイロニーたっぷりのコミカル人間ドラマ。主人公のように仕事を愛してないし華麗に旅をこなせないし気軽な愛人もキープしてませんが、不惑を過ぎた独身男としては「オイラの人生って・・・」と身につまされるのでした。

 明日は我が身な製造業勤務でありますしリストラされた経験もあるので当初は主人公を敵視しつつの観賞だったわけですが、主人公の深い人間関係を築こうとしないライフスタイルに共感し機微もわからぬ小娘には反感と、瞬く間に作り手の思う壺に。特に自らの主義に反して結婚に怖じ気づいた妹のフィアンセを説得するくだりには来る物が有りました。こちとら姪っ子が適齢期を迎えてまして、もしも式のスピーチとか頼まれたらと思うとげんなりですから。好きで宙ぶらりん状態にいるとはいえ、支えてくれる家族や友人を着実に減らしながら年輪を重ねてるわけで、色々と捉えようがある終わり方なのにポジティヴに受け取るのは難しかったです。

 そんな個人的事情は別にして、馘斬りという非情の仕事を罪悪感無くドライにこなしながら、デジタルなリストラには否定的という主人公のスタンスが笑えます。単純にマイルが貯まらないから反対ってわけじゃない所がいい。始終フワフワしたコメディなのに結構辛辣で苦い展開なのも良いです。只、終盤の主人公の変化があまりに急ぎ足なことや、ネット解雇の顛末が雑で大事な所の筋が通ってないのが残念でした。

 それにつけてもアナ・ケンドリック。『ジュノ』でも思いましたがジェイソン・ライトマン監督は現代っ子の娘さんをキュートに撮るのが上手いですねぇ。上司ジョージ・クルーニーの恋のお相手はあくまでヴェラ・ファーミガであり、彼女は只の小生意気な新入社員に過ぎず中途半端にフェードアウトしてしまう役なんですが無駄に可愛すぎる。ちみっちゃい躯のスーツ姿には不似合いなはち切れんばかりのバスト、髪を下ろせば子供っぽく泣き方も幼く、ベロベロに酔っぱらって歌う「Time after Time」がこれまたチャーミング。主演の二人がスマートにキメてる大人の男女を的確に演じたからこその輝きもありましょうが、今後の活躍に注目したい若手女優だと思います。まあ、『トワイライト』シリーズの観賞は遠慮したいけど。

マイレージ、マイライフ [DVD]マイレージ、マイライフ [DVD]
(2010/08/27)
ジョージ・クルーニーヴェラ・ファーミガ

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mappil.blog65.fc2.com/tb.php/417-8e71dbe5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。