「Wring that Neck」

DVDで観た映画の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハート・ロッカー

イラク戦争における米陸軍爆発物処理班の活動を題材にしたアカデミー賞6冠作品・・・の割りに極端に賛否が分かれてるっぽい問題作。まあ、主人公がクレイジー過ぎますし、爆弾処理描写は何がどうなっているのか理解不能だし、指揮系統が曖昧で独立支援部隊か何かのような行動に不可解な点も多いので、娯楽作品としてはわかりにくくリアルな軍事モノとしても考証が酷すぎる気がします。でも、異様な緊迫感で意味の無い戦いが無限ループで続くマッチョな恐怖映画として面白かったですよ。描かれるのがあまり知られてない仕事というのも好奇心が満たされますし。

 冒頭で「戦争は麻薬である」と引用される通り、テーマは「戦争中毒者の狂気と悲劇」なんですが色々と一筋縄では行かないのが興味深く。常套なら普通の善良な若者が地獄を見て変わっていく様子を捉えるでしょうに、本作は爆弾処理が大好きなだけのジャンキーを主人公に据えており、それが次第にテロ犯への怒りを顕わにするまともな人物に変遷していく様を描くという変化球なのでした。それが英雄的な兵士に成長するというわけでもなくてですね、既に戦争中毒者であった男が大義やら使命感やら持つというのは最悪の男が最悪の状態で大暴れという事に他ならないという・・・。
 そんな暗いドラマが展開されるのは、やたら暑そうな荒れた風景の中で一般市民がごちゃごちゃと生活を送る町。この描写と強烈なストレスで疲弊していく兵士の心情との相乗効果が素晴らしいです。爆弾テロには色々な種類がありますし、唐突に砂漠のど真ん中で狙撃戦が繰り広げられたり飽きさせない工夫も豊富で良く出来てます。後半に筆が滑りすぎのあり得ないイベントが続くのはアレですが。

 しかし、この映画を見ると「戦闘地域」だの「非戦闘地域」だのと騒いでいたのがバカみたいですな。爆弾テロの無差別非道ぶりにこんな分類は意味を為してませんし、主な標的もイラクの一般市民であり米とか日とかあまり関係ないようですし。陸自の居たサマーワは比較的治安が良かったとされますが空自はバグダッド国際空港でも活動してたわけで、死傷者が出なかったのが奇跡に思えます。反撃すら難しい特措法下の自衛隊をこんな所に派遣するって狂気の沙汰ですよ。民生支援も論外。

ハート・ロッカー [DVD]ハート・ロッカー [DVD]
(2010/09/02)
ジェレミー・レナー、アンソニー・マッキー 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

地雷処理シーンでこれを日本語ではIMOZURUSIKIという
のだよと欧米人に教えてあげたかったw

  • 2010/11/22(月) 21:13:14 |
  • URL |
  • ハムな人 #-
  • [ 編集 ]

あれ、迂闊にケーブル引っ張って大丈夫なんですかねぇ?

  • 2010/11/22(月) 23:52:13 |
  • URL |
  • マピールさん #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mappil.blog65.fc2.com/tb.php/418-6d88e387
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。