「Wring that Neck」

DVDで観た映画の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第9地区

 ヨハネスブルグに住み着いた不気味でおバカな宇宙人集団に炸裂する南ア名物アパルトヘイトと無法な人類の虐待行為。アカデミー賞候補になるぐらいだから差別問題やら異文化との格闘を扱った真面目な映画になるのかと思いきや、ブラックな笑いに血肉が飛び散る生粋のB級SF映画なのでした。ちゅか、このぶっ飛んだグロ&バイオレンスは ポール・バーホーベン監督の『スターシップ・トゥルーパーズ』のテイストです。しかも、本家に抜けてたパワードスーツまで登場するサービスぶり。エロ方面が大きく後退してますが。
 何はともあれ、確実に観る者を選ぶ作品です。映像がチープなのも否めません。くれぐれも製作にクレジットされたピーター・ジャクソンに騙されてSF大作と勘違いしないように。

 オスカーを争った『アバター』とネタが被り、無慈悲な人類と搾取される少数民族の軋轢を描いておりますが、先住民の土地への侵略とは逆で此方は地球に住み着いてしまった難民というのがミソ。おまけにエイリアンから主人公を含む人類まで満遍なく民度が低いアナーキーな世界観ときてます。一瞬で人体を木っ端微塵にする超兵器を持ちながら野良犬レベルの知性の宇宙エビ、そんな隣人と友好的に暮らせるわけもない人類側は抑圧的な政府機関とそれを支持する住民に血気盛んな軍人といかれたマフィアを取り揃え見事な混沌ぶり。ただ、監督の出身地という事で南ア住民の描写にはエクスキューズも可能ですが、ナイジェリア人のあまりに酷い扱いには困惑。南アで何やったんだ、ナイジェリアは。

 ストーリーも細部に工夫があり意外性があって面白いんですが、それ以上にキャットフードが大好きでブラジャーつけたエイリアンとか、重力兵器で飛ばされる豚とか、斜め上の発想が楽しいです。それに『ザ・フライ』や『エイリアン2』などの影響も入ってるし、パワードスーツは『アップル・シード』な上にミサイル発射シーンは「板野サーカス」と、洋の東西問わずSFオタク的ネタが満載。怒濤の破壊行為からクライマックスの燃え戦争アクションに至る流れが、わかってる人が作ってる事を感じさせ、そのドライブ感が心地よいのでした。

第9地区 Blu-ray&DVDセット(初回限定生産)第9地区 Blu-ray&DVDセット(初回限定生産)
(2010/08/11)
シャールト・コプリー、デヴィッド・ジェームズ 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mappil.blog65.fc2.com/tb.php/419-5e07ab9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。