「Wring that Neck」

DVDで観た映画の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年私的映画ベスト

 今年も毎週更新で52本の感想をアップ。対象は08年11月~10年09月発売のDVDで内訳は洋画33本・邦画19本と昨年並みでした。しかし、劇場からは足が遠のき気味で年間7本というのは過去20年の最低水準の由々しき事態。『第9地区』のような如何にもマピールさん好みのゲテモノSFをDVDスルーしてる辺りに異常さが現れてます。原因は物凄く仕事が忙しくなったからなんで、不景気なご時世にあまり文句も言えないのですが。

 さて、表題の2010年私的映画ベストの選考ですが、年間13本、しかも半分はアリバイ作りみたいにここ2ヶ月にDVDで観た奴という状況なので選ぶのもおこがましいんですが毎年やってるから一応。ベスト3じゃ多いので1位だけ。

2010ベスト映画:『ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』

 うん、『第9地区』は凄く好きだし『アバター』の技術は画期的だと思うけど『ハングオーバー』の怒濤の伏線回収の快感には敵いません。アメリカで大ヒットのコメディって大体肌に合わないんですがコレは爆笑できました。酔って記憶を失うタイプとしては恐い映画でもありましたが。
 ちなみに感想書いた52作で一番のお勧めは『愛のむきだし』です。次点が『レスラー』。

(劇場観賞作品)
アバター
シャッター アイランド
ザ・コーヴ
ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い
トイ・ストーリー3
インセプション
マチェーテ

(DVD観賞作品)
インビクタス/負けざる者たち
ハート・ロッカー
NINE
マイレージ、マイライフ
第9地区
アリス・イン・ワンダーランド

 そんなこんなで去年までは感想を遠慮した作品も含めると年間80本強は観賞してたんですが今年は60本程度が限界。つまり、普段なら外すようなどーでもいい映画も無理矢理コメントしてる状態で、正直このペースを維持するのは辛くなってきました。ペースを落とせばズルズルいくのは目に見えてるので店終いは近いかなと感じております。駄文書いてる暇にDVDの1本も観れるわけですし。
 そんな後ろ向きな姿勢で恐縮ですが、来年もよろしくお願いします。それでは皆さん良いお年を。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mappil.blog65.fc2.com/tb.php/430-1dee5871
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。