「Wring that Neck」

DVDで観た映画の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベスト・オブ・ベスト アワード2010

・ベスト・オブ・ベスト アワード2010(cinemacafe.net)

 CS放送局「ムービープラス」、シネコン「ユナイテッド・シネマ」、映画WEB「シネマカフェ」の3社共同で映画ファンによる投票で決める「ベスト・オブ・ベスト アワード 」は、批評家や映画通の選考とは大違いのランキングが形成されております。
 ヒットはしたけど評判がよろしくない『アリス・イン・ワンダーランド』はともかく、、興収100億円を突破し中身も好評を博した『アバター』&『トイ・ストーリー3』が上位に食い込めてないのが不可解。それらを抑え堂々1位が『THE LAST MESSAGE 海猿』というのをどう分析すべきか悩みます。ジャニーズ映画が奮戦してるから女性票が中心なのでしょうが伊藤英明ってそんなに人気あるんですか?
 ベストアクトレス部門で深津絵里を選んでおいて『悪人』はベストテン圏外というのも謎ですな。小説が爆売れした水嶋ヒロがベスト・アクターでは影も形もってのもアレですが。

【ベストテン】
1位 『THE LAST MESSAGE 海猿』
2位 『インセプション』
3位 『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』
4位 『トイ・ストーリー3』
5位 『SP 野望篇』
6位 『告白』
7位 『大奥』
8位 『アバター』
9位 『アリス・イン・ワンダーランド』
10位 『十三人の刺客』

【個人賞】
ベスト・アクター   伊藤英明 『THE LAST MESSAGE 海猿』
ベスト・アクトレス  深津絵里 『悪人』
ベスト・ディレクター クリストファー・ノーラン 『インセプション』
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mappil.blog65.fc2.com/tb.php/441-e9f03582
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。