「Wring that Neck」

DVDで観た映画の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南極料理人

 南極観測隊員としてドームふじ基地で調理を担当した人のエッセイを原作としたとってもライトなコメディ。冒険もロマンも大事件もストイックなプロのお仕事も無く、閉鎖された土地で過ごす男8人の織り成す喜怒哀楽を食事を通じて描く事に専念していて、ほのぼのな空気感にゆるーい笑いがジワジワ来ます。とても南極とは思えないチープな映像を背景にむさい男所帯の合宿生活を描く映画ではありますが見応えは結構ありました。

 「美味しいものを食べると元気が出る」という主題を何度も何度もやる作品なので重要なのが料理の表現なんですがコレが秀逸。ご飯を食べるシーンの殆どで男達は旨いとも不味いとも言わずに黙々と箸を進めるんですが、旨そうな料理は旨そうに不味そうな料理も不味そうにきちんと撮れているのがナイス。特に「豚汁とおにぎり」と「手打ちラーメン」が魅惑的でした。
 敢えて越冬の過酷な部分に深入りしない姿勢が貫かれてるのも面白かったです。タロ・ジロの時代よりは随分快適になったんだろうけど、時間感覚すら狂わす白夜と極夜の中で作業を阻害する悪天候と戦い息が詰まるようなストレスを抱え込んで暮らすというのは変わってないと思うのですよ。なのに、彼らの死と隣り合わせのアカデミックな活動や大自然の驚異は軽く触れる程度で済ませ、まったりとお気楽な日常部分をポジティヴに誇張しシチュエーション・コメディに仕立てたのには感心しました。
 キャストも小劇団っぽくて良いです。内心はどうあれ上辺はいつも微笑んでいるような堺雅人のイメージを最大限に利用し、生瀬勝久・きたろう・豊原功補といった濃いキャラクター達が笑いの部分を的確に抑えていた印象。そこはかとなくユーモラスな台詞回しもツボでした。

 恐らく実際にあった面白可笑しいエピソードを繋ぎ合わせて脚色したのであろう本作は、「閉塞状況を乗り切る為になるべく楽しく凄そう」という隊員達の暗黙の掟を上手く捉えてると思うんですが、そんな中で車両担当の人だけがネガティヴでダメダメな描かれ方をされていたのが少し残念。内燃機関が命綱の環境で暮らしてるんだから、彼を持ち上げるエピソードをちょっと付け加えても罰は当たらないのに。
 あと、観測隊参加を夢見て20年の人が直前でチャンスを棒に振るなんていう暗い話は現実のエピソードの有無に拘わらず不必要だったんじゃないかと。始終ほんわかなこの物語でここだけちょっと浮いてる気がしました。観測隊って志願じゃなきゃ参加できないだろうから、主人公の経緯は少々不細工に思えましたし。

南極料理人 [DVD]南極料理人 [DVD]
(2010/02/23)
堺雅人、生瀬勝久 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mappil.blog65.fc2.com/tb.php/443-7d19ca5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。