「Wring that Neck」

DVDで観た映画の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャッター アイランド

 「精神障害犯罪者だけを収容する孤島で女性患者が煙のように消え主人公は捜査に乗り出すが・・・」という設定を聞いただけでも多くの人が予想する新味のないトリックなのに、わざわざ映画冒頭にお節介な注意事項を追加し「謎解き」や「衝撃のラスト」を強調しまくりガッカリ感を増幅して足を引っ張った配給会社に喝。作り手の狙いは明らかにそんな方向にはなく、むしろ早々にカラクリに気付かせる違和感をあからさまに与えており、観客が脳内で真相を再構築しながら観賞する事を前提に作られてる節すらあります。とにかく、バカ正直に謎ばかり追ってちゃ楽しめない構造なのです。ミステリーじゃなくダーク系ヒューマンドラマとして見応えのある作品。

 これは謎解きよりもムードを楽しむ映画です。孤立した場所、断崖、螺旋階段などが用意され、『レベッカ』のような設定に『めまい』のような演出と不自然なカメラワーク、其処彼処にヒッチコック・タッチが散見します。美術や音楽もそれっぽくていい雰囲気でした。
 ラスト3分の穏やかな表情のディカプリオと最後の台詞の意味を考えれば、種明かしで観客にインパクトを与える意図があったとは考えにくく、スコセッシ監督はエピローグの大オチのために主人公の心の傷や心理的不安・恐怖を格調高く描いたのだと思います。実際、この幕引きにはガツンとやられました。

 そんなわけで騙そうとしてないのに「トリックが読めてツマラナイ」とか言われちゃう事には同情的なんですが、真相を明かされても納得性が低かったり動機に無理があったりプロット自体の出来の悪さは否めません。それにわかりきった答え合わせに時間を使いすぎなのもイライラしました。そこをカットして2時間以内に収めてくれれば結末の重みが増したと思います。

シャッター アイランド  [DVD]シャッター アイランド [DVD]
(2010/09/10)
レオナルド・ディカプリオ、マーク・ラファロ 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mappil.blog65.fc2.com/tb.php/452-9cefbecc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。