「Wring that Neck」

DVDで観た映画の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010日本インターネット映画大賞ベストテン

・第15回(2010年)日本インターネット映画大賞結果

 「ベスト・オブ・ベスト アワード 」「TSUTAYA映画ファン賞」と同じネットのファン投票型映画賞でありますが、かつてのニフティ映画大賞の流れを汲む本賞。邦画は『THE LAST MESSAGE 海猿』が36位と奮わず、洋画の方では『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』が24位に沈むなど、かなり傾向が異なります。過疎ってるだけとも言えますが。
 なお、少数意見ではありますが、ワーストを選ぶブラックラズベリー賞は、邦画が無人島に漂着した二十数名で唯一の女が木村多江という『東京島』、洋画がジョニー・デップのいかれ帽子屋がアリスより目立つなんちゃって3Dの『アリス・イン・ワンダーランド』となっております。

【日本映画ベストテン】
1位 『告白』
2位 『悪人』
3位 『十三人の刺客』
4位 『春との旅』
5位 『ゴールデンスランバー』
6位 『孤高のメス』
7位 『最後の忠臣蔵』
8位 『キャタピラー』
9位 『カラフル』
9位 『時をかける少女』

【外国映画ベストテン】
1位 『インセプション』
2位 『トイ・ストーリー3』
3位 『第9地区』
4位 『インビクタス/負けざる者たち』
4位 『オーケストラ!』
6位 『キック・アス』
6位 『ハート・ロッカー』
8位 『息もできない』
9位 『ヒックとドラゴン』
10位 『瞳の奥の秘密』
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mappil.blog65.fc2.com/tb.php/457-73b5571a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。