「Wring that Neck」

DVDで観た映画の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時をかける少女

 題名だけなら4度目の映画化という事になりますが、今回は原作とも2006アニメ版とも異なる原作ヒロインの娘を主人公にした次世代ものの続編となっております。主演はアニメでヒロインの声を担当した仲里依紗、いきものがかりが歌う挿入歌は1983年版で原田知世が歌った曲のカバー、舞台は2010年と1974年ですが「過去の事件」は1972年でこれは「NHK少年ドラマシリーズ」における『タイムトラベラー』の放送年、といった具合に随所で過去作をリスペクトしてます。それぞれの時代に金字塔を打ち立てた上記3作に比べてしまうとやはり見劣りしますが、オリジナル脚本の出来は最初と最後以外は思ったほど悪くはないです。ただ、「過去の事件」の内容を知らない観客への配慮は殆ど無く、その場合はトンデモが過ぎる映画にしか見えないでしょうが。

 最初の方で問題なのは時間跳躍に至る経緯。「過去の事件」の記憶を消されてしまった芳山クンがなんとなくタイム・リープの薬を完成させるのはいいです。蟻が何を念じ何処に消えたか、それをどうやって検証したかも不問にします。けれど、許し難いのは届かないこと前提の浅すぎるメッセージ。あれを中学生深町に伝えても女の執念に怖れを為し途方に暮れるばかりだと思います。あと、特に重体でもなさそうな母が「1972年に戻って・・・」とか言い出しただけで過去に跳ぶヒロインも腑に落ちないですし、1974年に間違えてしまう流れも不自然極まりないです。
 ツイストが無さ過ぎて逆に驚く大胆な終盤展開も強烈。『時かけ』の肝はプラトニックな切ない別れと深層での再会の予感だと思うのであれはNGだと思います。特に「過去を変えてはならない!」のくだりが酷いですね。アニメ版見た人なら容易に別の手段を思いつくでしょ?タイム・リープの薬が一つ残ってるんだから。足掻けよ、徒労に終わるにしても。

 そんなこんなで脚本の煮詰め不足は否めないし、誰にでも寄りまくるカメラも気になるし、設定で50代半ばのファースト世代が40代半ばでキャスティングされてる辺りも奇妙なんですが、過去編に入ると半端な脚本や稚拙な演出も70年代っぽさを醸す効果になりますし、相手役となる中尾明慶の貧乏大学生を筆頭にキャストのマッチングが俄然良くなるので安心して観られました。ムチムチボディ以外は今どきの女子高生らしい仲里依紗の天真爛漫キャラと純朴で夢見がちな70'Sの若者達との青春ドラマとしては概ね成功してると思います。
 時代のギャップを強調しすぎると『バブルへGO!!』に似すぎるし、若き母の恋に干渉すると『バック・トゥ・ザ・フューチャー』になっちゃうし、この辺は匙加減が難しいので深入りせず深町君の行方を凸凹探偵もので処理するという判断もグッド。「間違った時代に着いてしまった場合にどうやって使命を果たすか」という設問はかなり面白いだけに、もう少しミステリー寄りにして論理的帰結の末にあの方法に辿り着いて欲しかったのですが。

時をかける少女 通常版 [DVD]時をかける少女 通常版 [DVD]
(2010/10/13)
仲 里依紗、中尾明慶 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mappil.blog65.fc2.com/tb.php/460-35820f51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。