「Wring that Neck」

DVDで観た映画の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画館大賞2011

・映画館大賞 2011

 独立系映画館スタッフの投票でスクリーンで観てほしい映画作品を選出する「映画館大賞」。大賞は主立った映画賞で『悪人』と凌ぎを削った『告白』であります。
 『告白』に罪はないですが、映画賞を席巻し興収も38億超のヒットとなった作品を「スクリーンで観てほしい映画」に選出するのは疑問。興収10億に満たなかった『息もできない』や劇場で観てこそ価値がある『アバター』の方がコンセプトに相応しいんじゃないでしょうか?

【ベストテン】
1位『告白』
2位『息もできない』
3位『アバター』
4位『トイ・ストーリー3』
5位『インセプション』
6位『悪人』
7位『第9地区』
8位『オーケストラ!』
9位『十三人の刺客』
10位『瞳の奥の秘密』
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mappil.blog65.fc2.com/tb.php/461-6a93c11e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。