「Wring that Neck」

DVDで観た映画の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャーロック・ホームズ

 従来の紳士的なイメージを覆す武闘派でだらしないホームズとバイプレイヤーの位置に留まらないイケメンのワトソンで贈るアクション・バディ・ムービー。ホームズが一方的にワトソン君大好きな点は違いますが、レイチェル・マクアダムス扮する盗賊ヒロインを加えた構図はルパン・次元・不二子にかなり被っております。けれど、オカルト色が強くトリック解明のカタルシスが殆ど無い脚本で全編に渡りかなり眠かったです。ロバート・ダウニー・Jr&ジュード・ロウのコミカルな掛け合いはそこそこ面白いのですが・・・。

 原因は幾つか考えられますが、一番の問題は冒険活劇をやろうというのに全然ドキドキ感やワクワク感が無い事でしょう。欠点を補い合ってなんぼの相棒モノなのにホームズもワトソンも無敵超人過ぎ。加えてホームズの頭脳明晰を強調するあまり欺し合いや大逆転といった要素が使えず盛り上がらず。別にミステリーやサスペンスをやる必要は無いんですが、事件そのものも興味をそそるに不十分で最後の種明かしも「ふ~ん」で済まされるレベルというのはあんまりです。
 そして、売りのアクションが中途半端。やってる事は鮮やかかも知れませんが、カット割りすぎで結局何が起きてるのかよく判りません。スローモーションにしてもフラッシュバックにしても多用し過ぎでテンポが悪くいちいち神経に障ります。時代がかったロンドンの雰囲気はカッコいいしメインキャラの作り込みも良いんだから、普通に演出してくれれば大外れはなかった筈なんですが・・・。

 文句ばかり言ってしまいましたが、原作の知識があれば大分違う印象を持つんじゃないかとも思います。最大の抽斗がロリエコジジイの犬アニメという当方では少々厳しかったと言うだけで。「多分原作ネタ」というシーンは其処彼処にあるのでシャーロキアンならニヤリとするのでしょうし、モヤッとした主張の敵役や全然驚けない古臭いトリックも作品の世界観に忠実と言われればそうかもしれないのです。

シャーロック・ホームズ Blu-ray&DVDセット(初回限定生産)シャーロック・ホームズ Blu-ray&DVDセット(初回限定生産)
(2010/07/21)
ロバート・ダウニー・Jr.、ジュード・ロウ 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mappil.blog65.fc2.com/tb.php/465-9a30dd3c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。