「Wring that Neck」

DVDで観た映画の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヌードの夜/愛は惜しみなく奪う

 同じく石井隆監督がメガホンをとった1993年の映画『ヌードの夜』の続編。といっても主要人物が殆ど劇中で死亡してるため再登板キャラは竹中直人演ずる主人公だけであり、前作の知識も全く必要としません。
 劇場版より19分長いというディレクターズ・カット版を観賞。恐らく追加分は終盤の無駄に長いヌードシーンでしょう。ヒロイン役の佐藤寛子という女優については全然知らないのですが、来歴を見るとほしのあき・磯山さやかとユニットを組んで歌ってたりするのでグラビアアイドルとしては結構メジャーな娘のようですね。濡れ場は勿論のこと官能ポールダンスやらローション塗ってボディー洗いやらセクシーショット満載ですが、お話はかなりえげつなくグロテスク&バイオレンスな描写も多々あるので注意が必要です。なお、大竹しのぶ・井上晴美・東風万智子(旧名:真中瞳)といった女性キャスト陣は脱いでおりません。

 先ずはヌードの方から。佐藤寛子、悲壮な程に頑張ってます。特に後半は登場シーンの半分以上で服着て無い印象。殆ど必然性がないままに薄モザイクでヘアヌードを披露しまくります。たぶん前バリをしてるんでしょうが、でなければスタッフ・キャストにモロ見え必至の過激なポーズばかりでした。その割りにはエロさを感じませんでしたが。けど、しなやかなボディーライン、特にあばらとくびれが美しかったです。しかし、石井隆ワールドは灰汁が強く只の裸目当てには優しくありません。冒頭からドロドロでグチョグチョな惨劇をぶちかまし冷や水を浴びせてくるのでした。

 さてドラマの評価ですが、前半は現代闇社会の迫力を堪能できるものの後半は散漫でオッパイと粗ばかりが目立ちます。決して失敗作じゃないけど佳作というにも微妙という出来。嫌な奴・怖い奴・暴力・殺人など数々の修羅場にブラックなユーモアを織り交ぜノワールとしてもサスペンスとしても盛り上げておきながら、完全犯罪にはほど遠い方向へ転がり落ちスリラーとしても中途半端。歪んだ純愛やハードボイルドの要素も弱いです。
 特に、大きくバランスを崩してるのは女刑事の存在です。行動は不自然だし主人公との関係性が今一つピンとこない上に事件との絡みも弱いのに最終的に重要なポジションにいるのが腑に落ちません。演じた東風万智子に責はないのですが。
 そして、頑張りすぎてる痛々しさがグッっと来るものの佐藤寛子の力量不足は否めません。前半は大竹しのぶ&井上晴美の息ピッタリな鬼畜母娘ぶりの影に隠れて印象が薄く、後半は存在感が急激に増すもののおどろおどろしい過去を持つ背徳感やシリアルキラーとしての怪物ぶりが伝わってきませんでした。彼女は単に脱げるだけの主演女優では決してなく標準レベルの演技力は有してるようなんですが、残念ながらその程度ではこなせない複雑な役なのです。終盤の洞窟が安っぽい&明るすぎる点も彼女にとってマイナスで、竹中直人や大竹しのぶの力を借りられない単身シーンをこの舞台で撮ったことで悲劇のヒロインの筈がどうしようもなく陳腐になってしまいました。肢体もガッツも素晴らしいだけに実に惜しいです。

ヌードの夜/愛は惜しみなく奪う ディレクターズ・カット 完全版 [DVD]ヌードの夜/愛は惜しみなく奪う ディレクターズ・カット 完全版 [DVD]
(2011/02/25)
竹中直人、佐藤寛子 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mappil.blog65.fc2.com/tb.php/467-a1529561
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。