「Wring that Neck」

DVDで観た映画の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グリーン・ゾーン

 イラク占領下、大量破壊兵器の真実に迫っていく一人の米兵の姿を描くアクション・サスペンス。ポール・グリーングラス監督は『ユナイテッド93』に引き続き窮屈な題材に取り組んでて頭が下がります。陸軍の現場指揮官が主人公という陰謀モノとしては不自然すぎる設定が引っかかるものの、誰もが知ってる「真実」でスリラーをやるのは厳しいし、幅広い層にアピールするにはドンパチが欲しいというのも理解出来ます。ストーリーの畳み方が普通すぎるものの虚実織り交ぜて米国の欺瞞を追求する姿勢は良し。軍事アクションとしてもなかなかです。ただ、『ボーン』シリーズにしてもこれにしてもアクションが目まぐるしくカメラが揺れすぎるのが困ります。

 国防長官が「どこにあるか知っている。ティクリットかバグダッド、東西南北のどこかだ」と宣って「いや、知らねーだろ、それ」と世界がツッコミ入れてた頃に、大量破壊兵器の武装解除を目指しあやふやな情報の元に命懸けで奔走する地上部隊。現在ではわかりきってる戦争の大義の真実を敢えてネタにして訴えかけるのは、中盤の主人公の科白「こんなアメリカを誰が信用するんだ」って事で、国家の無能や隠蔽体質や虚偽情報に載せられたメディアやらが多くの犠牲を産むことは原発事故の一件で我々も目の当たりにしてしまったわけで色々考えさせられるのでした。ただ、重厚な社会派テーマを扱ってるにしては中途半端にエンタメ寄りなのも事実。よく似た方向性の『ハート・ロッカー』に比べると軽い印象は否めません。主人公が勝手に持ち場を離れてトラブルを起こすあたりは共通してるんですが。
 臨場感より観辛さが気になるカメラワークは置いといて、半壊した建屋が点在する混沌のバグダッド市街の雰囲気は秀逸。地上から見上げる空爆シーンとか制圧戦のアタックの様子や援護のフォーメーションなども本物っぽく、走る兵士と上空からナビゲートするヘリの連携演出も見応えあり。全体にアクションにはスピード感があってテンポも良く迫力は満点です。

 しかし、テーマの重さや演出の良さに比べキャラ造形が雑な辺りが本作の弱点。マット・デイモンは流石の安定感なのですが、アメリカやイラクの要人に直接コンタクトする一兵士というのは設定に無理があり過ぎます。その他、重要人物とは想像つかない脚の悪いイラク人、終盤は存在感が薄いCIAに思ったほど話に絡んでこないジャーナリスト、小物感漂いすぎの政府高官と特殊部隊隊長と、どれも薄っぺらいこと薄っぺらいこと。どうしたって宙ぶらりんに終わるしかないこの手の社会派ドラマにしてはアメリカ主導で新政権を作ろうとする事の是非まで踏み込んで纏めてはいますが、ストーリー自体はサプライズもなくオチも弱いので説得力はいまひとつなのでした。

グリーン・ゾーン 【ブルーレイ&DVDセット・2枚組】 [Blu-ray]グリーン・ゾーン 【ブルーレイ&DVDセット・2枚組】 [Blu-ray]
(2010/10/06)
グレッグ・キニア、マット・デイモン 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

  • 2012/12/29(土) 14:44:22 |
  • URL |
  • 株の購入 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mappil.blog65.fc2.com/tb.php/470-51f32f68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。