「Wring that Neck」

DVDで観た映画の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーケストラ!

 ブレジネフ体制の旧ソ連で弾圧により楽団を追われた天才指揮者が、30年間の沈黙を破りかつてのメンバーを集めて偽楽団を結成しパリへと向かうコメディ。てっきりロシア映画だと思ってたらフランス映画でした。両国の民族ネタや国家ネタをさして理解出来ないというハンデはありましたが、ベタなギャグも十二分にあるし笑いの品も良く、色々と中途半端で煮込み不足の構成なのに見せ方の巧さで拍手喝采に持ち込んでしまう力業に感心。特にヒロインの出生の秘密から後日譚迄詰め込んだ12分間に及ぶチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲演奏で感動的にフィナーレというのが素晴らしかったです。

 前半はメンバー集めのドタバタがに費やされてるわけですが、そこで多彩な登場人物それぞれを魅力的に描いた割りにサブ・ストーリーが群像劇として綺麗に収束しないのはガッカリ。偽造パスポートや楽器調達問題や団員失踪などの障害もあっさりクリアしすぎるし、嘘がバレるスリルも殆ど無いなど全体に脚本は甘いです。でも実在するパリ・シャトレ劇場やボリショイ交響楽団に間抜けな役回りを振ってみたり、チェルシーのオーナーである石油王やロシア国家をコケにするような政治の話もあったり尖った部分も多いです。
 特筆すべきはソリスト役を務めたメラニー・ロランの美貌。『イングロリアス・バスターズ』での映画館オーナー役に引き続き今回も受難のユダヤ系フランス人を熱演。流麗な弓さばきに自然と目が行く首筋や胸のホクロ、バイオリンと一体になって感情を吐き出し究極のハーモニーへと誘っていく姿には震えが来ました。後半のフランス編しか出演してないにも拘わらず物凄く輝いております。

 ところで、普遍的なロシア人気質というのがよくわからず、況んやフランス人視点となれば更に厳しいのですが、どうやら、「出たくねぇ」事件の歌手『t.A.T.u』を思い出せばいいようですね。即ち、大雑把で時間にルーズでプライドが高く約束を守らないし謝らないエトセトラ。しかし、宇宙飛行士・野口聡一さんの本などで効率・マニュアル重視のアメリカ流とは別の経験則アプローチでビッグ・プロジェクトを成し遂げる姿も伝え聞いており、いざという時に結束し型破りな力を発揮するのは映画の中の話だけじゃ無いのかもしれません。少なくともロケット打ち上げは天候も気にしなければカウントダウンもせずいきなり発進な国だけど、それで高い成功率を誇ってるわけですし。

オーケストラ! スペシャル・エディション(2枚組) [DVD]オーケストラ! スペシャル・エディション(2枚組) [DVD]
(2010/11/04)
アレクセイ・グシュコブ、メラニー・ロラン 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mappil.blog65.fc2.com/tb.php/471-b04e553e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。