「Wring that Neck」

DVDで観た映画の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ステルス

 米海軍のエース3人による最新鋭ステルス機チームの任務は4人目のメンバー・無人ステルスに実戦を学習させる事。無人戦闘機の導入で自らの立場が危うくなる事に戸惑うトップガン・チームと、自我に目覚め暴走を始めるオーバーテクノロジーの無人ステルス。
 この前半の「マクロスプラス」みたいなプロットは悪くないんですが、後半は脚本家が交代したんじゃないかと疑いたくなる豹変ぶりで、大雑把な陰謀あり・傍迷惑な恋愛あり・少年ジャンプ的友情ありの鮨詰め要素を音速で突き抜けて、結局、何がやりたいのかサッパリでした。ステルス機能はあまり関係ない話だったし。そしてオスカー俳優が無駄遣い過ぎで憐れでした。

 領空侵犯されてスクランブルしてきたロシア機を迷わず撃墜、ソニックブームで民家を破壊しつつ北朝鮮に侵入し38度線で交戦。この全く非の無い2国で大暴れするのは無人機よりむしろ主人公という衝撃。他にも近隣諸国に迷惑掛け捲り民間人巻き込み捲りで、アメリカがいなけりゃ世界は平和と思わずにはいられないコペルニクス的バカな展開。しかし、米軍風刺映画なのかというとそうでもなく、最終的にはアメリカ万歳なハリウッド的大味決着に。時折意味無く挟まれるセクシー・ショットから判断するにメイン視聴者の教養度は低めに設定されてるとは思うんですが、いくらなんでもアメリカの若者の知能程度を馬鹿にし過ぎじゃないかと。

 だがしかし、飛行シーンは文句なしにカッコイイです。設定が近未来とはいえ無茶すぎな旋回能力だろうと、演出がオーバー過ぎてバカみたいだろうと、そんなことノー・プロブレム。全然本物っぽくなくてゲーム「エース・コンバット」で見た映像に近いことを軍事マニアは批判するでしょうが、カッコイイ空中戦・カッコイイ編隊飛行を突き詰めた見事なカメラワークを素直に評価したいです。

ステルス デラックス・コレクターズ・エディション ステルス デラックス・コレクターズ・エディション
ジョシュ・ルーカス (2006/01/25)
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mappil.blog65.fc2.com/tb.php/48-4ee6b1d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。