「Wring that Neck」

DVDで観た映画の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

交渉人 真下正義

 「踊る大捜査線」シリーズのスピンオフ企画第1弾。最初に断っておきますがマピールさんは「踊る~」の映画はおろかTVのエピソードすら1本も観た事がありません。つまりシリーズを知ってれば楽しめるネタが全く通じていません。だから、この怒りは見当外れかも知れませんが、国民的娯楽シリーズなのにこの映画が全く受け入れられません。世間がコレを許容してる事に衝撃です。マピールさんは心が狭いので、今回はネタバレしようともこの狂った脚本の愚痴を書き連ねようと思います。
 なんでこんなに憤っているかというと、東京の地下鉄で神出鬼没の無人車両が暴走するという前半のプロットの出来が良かったのでうっかり期待してしまったのです。それが後半では地下鉄を放ったらかして客を舐めてるとしか思えない設定の数々を見せつけられ、「警察関係者全員が勘で動いてたらなんとなく事態が収拾しちゃった」なんて話に。真面目に鑑賞してたのがバカみたいじゃないですか!





 とりあえず、この地下鉄会社はヤバ過ぎです。運行システムがダウンしても地下鉄を手動で走らせ続ける理由がサッパリ解りません。「止めると連鎖的にぶつかっちゃうから」ってのはありえない。それじゃ、テロなんか無くても乗降時にトラブっただけで大惨事じゃないですか。
 まあ、その後のシーンで別路線との相互乗り入れはしてない事が判明するんで、止められないってのは広報が嘘の説明をしたって事も考えられます。しかし、それだと乗客ごと列車を留置線に入れたり、停車駅を通過させたり、封鎖駅を拵えたり、爆発が起きたり、SATが駅構内をうろちょろするような状況において、乗客の安全よりも運行を優先させ続ける説明がつきません。
 しかもSATごとホームが吹き飛ぶ事は容認しちゃう優秀な地下鉄マン。狙撃作戦が展開できるほど走行ルートが読めてるんなら、罠を仕掛けて特定区間に閉じ込めればいいじゃないですか。留置線も脇線もあるのに。
 JR西の事故で過密ダイヤが批判されてる最中に、こんな綱渡り運行を正義と考える地下鉄会社を天晴れな職人のように描いた映画を平然と公開した配給会社は肝が据わっていたと思います。

 そして交渉人の不思議。この男、何の役にも立ってないです。元々、役に立たないキャラなのかもしれませんが。これなら「踊らされる交渉人」ってタイトルにすればいいのに。
 先ず犯人の目的は色々苦労してヒントを聞き出してたけど、前半のヒントは無意味だし、放っといても犯人は全容を喋る気まんまん。しかも情報ゼロでもボレロケーキと座席番号だけで勘が良ければ最終ターゲットが何処か判るし。初手から爆弾使ってるから当然爆破を疑いますよね。徒労感溢れる仕事振りに拍手です。
 んで犯人の説得は最後まで失敗。っていうか、全く説得はしてません。一応お願いしてみている程度。この時点で交渉人失格です。終いには任務を弁えず司令室から飛び出して、しかも特に活躍はしない。大団円してないで恋人にチケットの入手経路ぐらい訊けよ、犯人から送られた可能性が高いんだから。もう、こんな奴の責任をとる上司が可哀想です。
 唯一突き止めたのは最後の起爆方法ですが、携帯電話で起爆信号をターゲット→暴走車両→ターゲットというルートで送るという、わざわざ車両を経由する意味が不明な作戦をなんで見抜けたのかが謎です。普通は爆薬に起爆装置が設置されてるわけですが、何故爆薬が発見できてないのにその可能性を排除するのか。しかも犯人が異常を察知して直接起爆できる可能性を指摘しながら、なんでホール内はモニターしてないと判断できるのか。本当にプロの書いたシナリオなんですか、これ?
 この際、携帯電話を使って地下鉄を操作とかは目を瞑ってもいいですよ。でも天才ハッカーで映画好きのオタクだからってだけで爆弾を作ったりあちこちに忍び込むスキルをもってる理由にはならんでしょ?そこらを交渉人のテクと絡めて説明付けるのが脚本家の仕事なんですよ!

 そして犯人の正体は不明のまま。それまで延々とプロファイリングしてきて、犯人に辿り着いた時点でわざわざ犯人の存在自体に矛盾を生じさせた挙句、何も説明をつけないまま終わりって・・・これは手抜きでしょ?しかも、この結末だと事件は未解決のままです。自分の恋人まで巻き込もうとした犯人が生死不明だったらすっごく不安だろうに真下正義はメンタルが強いですね。
 世の中には確かに破綻で終わって許される作品もありますよ。でも、それはお話が物凄く面白い時に限られるんですよ、特にミステリーでやる時は。全く製作陣の絶大な自信に呆れるばかりです。
 西村雅彦・石井正則・小林隆と古畑任三郎の警官トリオを脇に揃えるんだったら、ついでに脚本も三谷幸喜の手を借りて欲しいと本気で思ったのでした。

交渉人 真下正義 スタンダード・エディション 交渉人 真下正義 スタンダード・エディション
ユースケ・サンタマリア (2005/12/17)
ポニーキャニオン

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mappil.blog65.fc2.com/tb.php/66-853fc6c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。