「Wring that Neck」

DVDで観た映画の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シンデレラマン

 大恐慌時代、一人のボクサーが家族を守るためにどん底から這い上がり、史上最大の番狂わせを演じ「民衆の星」となる実話を元にした伝記映画。要するにボクシング版の「シー・ビスケット」です。もっとも、あちらは明確に最強馬を目指してたけど、此方は必ずしも世界王者を狙っていたわけじゃないんですが。

 直球ど真ん中のスポ根感動モノに見せかけて実は手元で少し変化してる映画です。ポイントは主人公が夢見るボクシングバカじゃないこと。主人公J.ブラドックはかつてはライトヘビー王座に挑戦した事もあるベテランですが、彼がボクシングをするのは生活のためであり、失業者が溢れかえった時代に日々の食事にも事欠く中で家族を養うために必死に生きた労働者の一人に過ぎません。他に稼げる仕事にありつけたならボクシングを辞めていたに違いない、地位や名声に憧れてアメリカン・ドリームを成し遂げた人達とは一線を画する人物です。
 恵まれた体格のブラドックですら日雇いの肉体労働にありつけるのは稀ってのはシビアな状況です。現代日本では生活のためにボクシングを捨てたりするのに、この映画ではボクシングの試合が出来なくなって生活が破綻するんだから物凄いです。普通のハングリー精神とはちょっと違う、3人の子供の人生を背負って闘う父親の、自分の生き方を真摯に貫き通す姿勢が感動的。

 そんなワケで、前半は貧窮に喘ぐ失業者時代のドラマが非常に道徳的に描かれてて興味深いんですが、後半のシンデレラ・ストーリー、噛ませ犬からヘビー級挑戦までのボクシング・シーンがやや冗長に感じました。生涯成績86戦51勝26KOから判るとおりブラドックはKO率の低いボクサーであり、大半の試合が打たれ強さ任せの判定決着だというのが原因だと思います。色々趣向を凝らして盛り上げてるんですがヨレヨレ判定勝ちばかりだとどうしても演出が苦しくなります。特典の実録映像を観るとかなりリアルに再現してるのは判るんですが、リアルだからこそ泥仕合なワケで・・・。
 それと、対戦相手の世界王者マックス・ベアって、若くて強くてルックス良しでコミカルなファンサービスに派手なKO劇とスターの要素をまとめて持ってる人なのに、なんで人気がブラドックに集中したのかが納得できませんでした。ラフファイトや好戦的な言動はボクサーの芸みたいなもんだし、彼も裕福な出自では無さそうなんですが。判官贔屓ってアメリカにもあるんですかねぇ。

シンデレラマン シンデレラマン
ラッセル・クロウ (2006/01/25)
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mappil.blog65.fc2.com/tb.php/74-2cb1cbc4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。