「Wring that Neck」

DVDで観た映画の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005キネマ旬報ベストテン

註)これは2006年01月12日にアップされた記事ですが、整理の都合で日付を変更してます。

 いつものことながらキネ旬のランキングは権威主義で謎です。

・外国映画
  1 ミリオンダラーベイビー
  2 エレニの旅
  3 亀も空を飛ぶ
  4 ある子供
  5 海を飛ぶ夢
  6 大統領の理髪師
  7 ウィスキー
  8 スター・ウォーズ エピソード3
  9 キング・コング
  10 ヒトラー


 シンデレラマンが外れてるのが意外。ティム・バートン作品も2本とも圏外、これはキネ旬だから仕方ない。うん、ミリオンダラーベイビーは僕が選んでも1位ですね。2~7位は一生見ない可能性大。ヒトラーはDVDで観たいと思ってます。去年劇場で観た映画は15本程度なので3本ランクインは好成績ですな。

・日本映画
  1 パッチギ
  2 ALWAYS
  3 いつか読書する日
  4 メゾン・ド・ヒミコ
  5 運命じゃない人
  6 リンダ・リンダ・リンダ
  7 カナリア
  8 男たちの大和
  9 空中庭園
  10 ゲルマニウムの夜


 ・・・1本も観てないどころか半分は全く知らない映画です、さすがキネ旬。ヒノキオもランク外かよ。DVD観賞しそうなのは男たちの大和ぐらいかなぁ。邦画を殆んど観てないんでアレですが、僕のベストはサマータイムマシンブルース。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mappil.blog65.fc2.com/tb.php/85-3e0cce74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。