「Wring that Neck」

DVDで観た映画の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦国自衛隊1549

 栄えある「2005映画秘宝トホホ10」の1位作品。秘宝の1位ってのは只のワーストとは一味違うんですが、世間的には割りと本気で酷評されてるっぽい。困ったことにマピールさんはこの映画がかなり楽しめたんですが・・・。
 やっぱ覚悟の違いでしょうかね。トホホと思って観るのとシリアスなSFミリタリー時代劇と思って観るのとは訳が違いますから。でも、この作品が続編でもリメイクでもなくちょっと着想を得ただけってことと、平成ゴジラの手塚昌明監督にオタク系軍事小説を得意とする福井晴敏ってことが解ってれば、この着地点は予想の範疇と思うんですがねぇ。皆、何をそんなに興奮してるのか。

 戦国自衛隊という題名がついてますが、これを旧『戦国自衛隊』と比較して怒るのは間違いです。内容はトンデモSFアドベンチャーの金字塔『タイムライン』の無断リメイクといっていいので、アレと比較して笑うのが正しいやり方。微妙な活躍の主人公&ヒロイン、不思議設定のSF要素、派手だけどドラマ的には呆気ない戦場シーンに時間制限の緊迫感を感じさせないクライマックスと酷似しながら、タイムラインの見せ場だったサブ主人公のラブ・ロマンスとかはこっちでは薄味。あのバカ映画の良いところを削り悪いところはそのまま残すという暴挙に惜しみない拍手を贈ります。

 自衛隊全面協力で戦車もヘリも借りれたし演習場なので火薬も派手に使えるし、その為に舞台が固定されたという大人の事情はあるけど戦国ならやっぱ信長でしょっていうノリが笑えます。1549年だと信長は尾張すら未統一で跡目も継いでないし、もちろん美濃の斎藤道三の家臣が富士の裾野をうろちょろしてるわけも無いけどお構いなし。多少の不一致では未来は変わらないという設定を便利に使ってやりたい放題です。全篇に渡って「ちょっと待て!」「有りかよ!」「それでいいのか?」の連発で予想のつかない強引な展開を見せながらもやがて在り来りの結末へ。一応「未来に責任を持って現在を生きろ」という福井氏お得意のメッセージは示されてますが、主人公やヒロインからも散っていった戦士達からもそんな信念は伝わって来ません。

 アクション・シーンは流石のゴジラ監督、自衛隊が完膚なきまで敗北していく描写が見事です。交戦を想定していながら不意打ちを喰らった形の敵に何故かあっさり捕まる緒戦にしても、相手の信じられない無策になんとなく奇襲が成功する終盤戦にしても、こんな間抜けな作戦行動と激弱の描写ばかり続けて協力した自衛隊が怒らないのか心配になる一方的なやられっぷり。時代劇の攻城戦としても近代兵器の交戦としても戦術的に不可解なシーンばかりですが、格好よく戦闘を見せる画を撮る腕はあるので製作費以上のスケールの映像になっています。ただ、自衛隊が派手に散る横で合戦に見せ場がない武者達が哀れですが。役者は武者側ばかり目立つんですがね。

 結論として、脚本は酷いし武士団VS自衛隊の野戦はないし主演俳優の演技は男女とも疑問符ですが、インスパイアを笑う心の余裕があれば最後まで飽きずに観れます。問題はタイムラインを観ている客がどれだけ居るか怪しいという事ですが。いっそ福井氏についてるオタク層を狙って『ダンバイン』のオマージュにすればよかったのかも。

戦国自衛隊1549 通常版 戦国自衛隊1549 通常版
江口洋介 (2005/12/22)
角川エンタテインメント

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mappil.blog65.fc2.com/tb.php/89-b60064ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。