「Wring that Neck」

DVDで観た映画の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

忍 SHINOBI

 普通なら絶対セレクトしない種類の作品ですが、ワースト映画を決める「2005文春きいちご賞」の冠が載ってしまったので気乗りしないまま観賞。うん、予想通り何所にでもある駄目な日本映画、わざわざ賞を与えるほどの物じゃない凡作です。一言で済ませば「あっさり薄味」です、あらゆる面で。

 一応の原作は、イリミネーションマッチで最後に生き残った者勝ちという現在ではどこの少年漫画誌でもやってる手法の雛形的作品『甲賀忍法帖』です。甲賀五人衆と伊賀五人衆の総力戦、忍びの者とは思えないみっともない装束に、忍術というより妖術なイロモノ集団が繰り広げる超絶バトル。
 B級映画好きとしてはバカらしい演出であればあるほど望ましいアクションシーンに期待したのですが、これがどうにも物足りないです。キャラ描写もなくバトルで魅せる暇もなくざくざく犬死する忍者達。こんなに「燃え」も「悲哀」も「艶気」も「滑稽さ」も薄いどーでもいい死に方が揃うと圧巻ではあります。これは演出の責任。
 アクションそのものもチープかつ低難易度ですが、このキャスティングはアクション監督イジメみたいなもんなんで仕方ないのかも。

 さて、『甲賀忍法帖』といえばバトル以外に『ロミオとジュリエット』の要素があるわけで、本作はそっち方面重視で明らかに『LOVERS』を狙ってるのですが、アレが手に負える力量を持つ日本人監督が存在するわけもなく、雰囲気をなぞる程度でなにやら気まずいことになっています。
 戦闘シーンを不自然に詰めてまで拵えた恋愛パートなんですが、信じ難いことに恋愛描写が見事なまでに皆無です。濡れ場はもとよりキスシーンすらありません。愛憎劇が描けてないどころか、とても愛し合ってるようには見えない二人なのでした。無理に原作付きにして中途半端にアクションするより、オリジナルのラブ・ストーリーをじっくりやった方が役者に合ってたと思うのですが、オダギリジョーと仲間由紀恵を揃えながら何でこんな事に。

 あー、良かった点は・・・。えっと、だらだら長引かせず上映時間101分は好感でした。後半の脚本がダメダメなせいで長く感じましたが・・・。それから、えっと、そうそう映像は綺麗でしたよ、風景は。ただ衣装が安っぽい上に背景とマッチしないんで映像美にはほど遠かったけれども・・・。あと、主役は2人とも時代劇調の台詞が下手で実力以上に大根に見えたけど椎名桔平が演じたキャラは良かったです。一人だけ不必要に頑張りすぎで痛々しかったですが・・・。うーん、あっ!知名度のある『甲賀忍法帖』を敢えてタイトルに使わなかった潔さは評価に値します。ああ、助かりました、手放しで褒めれる所があって。

SHINOBI SHINOBI
仲間由紀恵 (2006/02/18)
松竹

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mappil.blog65.fc2.com/tb.php/94-ae329963
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。