「Wring that Neck」

DVDで観た映画の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機動戦士ZガンダムⅢ -星の鼓動は愛-

 新約ゼータの最終章は三部作では一番観やすく編集されてまして、前作のようにニュータイプ能力を要求されることはありません。更なるスピード・アップを覚悟してたんで拍子抜けでした。原作自体が特別ややこしい箇所なんで予備知識なしに理解不能なのは同じですが、ぎりぎりで1本の映画として成立してる点が過去2作と異なります。
 ただし、下準備無しに二人の強化人間の最期などの重要エピソードを全面カットしたため、三部通しての纏まりは極めて悪く主人公の成長物語としてはぼやけた印象になりました。さしたる理由もなくフォウとロザミアがラストの残留思念に加わってるのは失笑モノ。まさに刻の涙を見た思いです。

 さて最大の注目点、ハッピーエンドに変更と富野監督が公言してたラストですが、もっと生還者が増えるかと思ったらカミーユ以外は変更なし。ぶっちゃけ勝ち負けに意味のない悲惨な戦争を最後は力技で夢と希望に収束させる御大お得意のパターンなのでした。旧作ファンから不満の声が間違いなく上がるでしょうが御大は元々そういう作風なんですよ。全員玉砕のイデオンですら最後はポジティヴに決めてるわけで、主要人物の大半が戦死&主役が発狂で戦争も終わらないというTV版ゼータは明らかに異質だったから禿が直したくなるのは当然。ただ、ろくに恋愛描写もやらずに最後で唐突にいちゃつかれてもというか、和んでる状況では全くないんですが。群集キャラに等しいサエグサさんがこんな大事なところで目立ってるのもなんだか。最初、代わりにこの人が精神崩壊しちゃったのかと思いました。

 それはさておき、物語の大半を占める戦闘シーンは全体に満足度が高いです。ロボットアクションとしては最高峰のレベルじゃないでしょうか。旧作画との混在もかなり減って、コロニーレーザーを巡る三巨頭バトルなんてオール新作に差し替えですよ。ゼータの変形ギミックも今回はじっくり。プラモを売るのが目的なら大成功でしょう。ただ、百式のラストバトルはやり過ぎで、あれだとシャアの脱出法はこっそりキュベレイに貼りつくぐらいしか無い気がしますが・・・。
 マピールさんにとって嬉しいのは、旧作では「ただ強いだけ」呼ばわりで晩年はギャク要員に身を落としたあのお方のエースといっていい獅子奮迅の大活躍。確実に金色のグラサンや白い顔よりも働らいてます。しかも、やっぱり脱出に成功。ピンクの髪の人は早急に回収して帷幄に加えるべきです。

 一方、前2作でシャア&レコアの新カットを追加してきたにもかかわらずレコアの裏切りは解り難いままだったり、敵役のポジションにいたはずのジェリドが今回はどーでもいい奴に成り下がってたり、ドラマのトータル・コーディネイトが出来てないのが残念です。それでいてカツ&サラ(また声が変わってる)のうざさを余すことなくフォローしてるし。
 そして、「・・・・私の分は!?」と3時のおやつを主張する地に堕ちた赤い彗星、旧キャラ揃い踏みになぜかハブられてるハヤト、更に無かったことになったっぽいZZの皆様が物悲しいのでした。

機動戦士ZガンダムIII -星の鼓動は愛- 機動戦士ZガンダムIII -星の鼓動は愛-
安彦良和、大河原邦男 他 (2006/08/25)
バンダイビジュアル

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mappil.blog65.fc2.com/tb.php/96-8cde8702
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。