「Wring that Neck」

DVDで観た映画の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魁!!クロマティ高校 THE★MOVIE

 このところ殺し合いの映画ばかり立続けだったんで、この辺りで間違っても死人とは縁のない映画としてチョイス。原作はシュールでナンセンスなギャグ漫画で、しかも脈絡のないショート・ショートという高いハードルの作品です。正直、大外しを覚悟してたのですが意外とまともというか「クロ高」以外の何者でもないのでした。あの独特の微妙な空気を見事に再現してます。つまり、あの漫画が好きな人以外にはお薦めできません。

 前半は原作の初期エピソード中心で、かなり原作に忠実に進行。ぶっちゃけ出オチのオンパレードなので原作知ってるとインパクト不足は否めません。んで、主要キャラが出揃ったところからオリジナル要素が混ざり始めるわけで、これが遜色ないくだらなさで悪くないんですが、地球防衛軍ネタを引っ張りすぎてショート・ショートのリズムが壊れたのが残念でした。しかも、映画とかのオマージュが軒並み古い。「エクソシスト」とか「宇宙猿人ゴリ」とか。ターゲットがいつの世代なのか謎なのでした。

 ・・・というわけでお話は息切れ気味に進んでいくわけですが、この作品は神がかりなキャスティングに尽きるのです。特に、原作から飛び出してきたかのような主人公・神山を演じた須賀貴匡が素晴らしいです。金子昇の頭を抱える北斗もかなり似てます。二人とも特撮ヒーロー出身の二枚目なのに嵌り過ぎ。一方でオリジナリティを追求したのがフレディで、この役に渡辺裕之をもってくるセンスが先ず凄いんですが、渡辺さんの居るだけで面白い存在感はMVPものでした。
 そして、阿藤快さん。カメオ出演かと思ったら出まくりでビックリしました。若手俳優ばかりの中に唐突に加わるし始終微妙なポジショニングなのに気がつくと妙に馴染んでるのが素敵です。しかも、主役でも監督でも脚本でもないのにコメンタリーで一人喋りを披露するサービスっぷり。話すことないのに無理矢理コメントしてる感が凄い。あと、雷波少年の鮒子さんが、たぶん唯一の女性出演者ってのも凄いです。

魁!!クロマティ高校 THE★MOVIE 通常版 魁!!クロマティ高校 THE★MOVIE 通常版
須賀貴匡 (2006/01/02)
キングレコード

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mappil.blog65.fc2.com/tb.php/98-991363e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。