「Wring that Neck」

DVDで観た映画の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オープン・ウォーター

 海の真ん中に取り残されたダイバーの恐怖体験を描く海洋遭難モノ映画です。最初っから海が怖くて足が着かない領域には近寄らないマピールさんにとって、この状況は非日常の世界でしかないからダメージは少ないけど、マリン・スポーツを楽しむ輩にとってはかなり怖い話でしょうね。リゾートに出かける知人とかにどんどん見せて嫌がらせしましょう。

 このシチュエーションを救助側を交えずに被災者側に絞って撮るというアイデアは素晴らしいです。惜しむらくは、題材を充分に活かす力量も予算も全然足りて無かった。救助待ち一辺倒で特に打つ手が見当たらないという状態なので局面の変化で話をもたせるしかないんですが、クラゲやサメが絡むだけじゃテンションを保ちきれずだらだら感が気になります。売りである本物のサメに囲まれながらの体当たり撮影は凄いですが、殆んどそれだけにエネルギーを注いでしまったのか、画質は悪いしチープさが漂ってるし見せ場となるシーンに乏しいしで勿体無さが際立っているのであります。海しか映ってないのに海の広さが撮れてないってのはどうかと。
 役者さんもあまり巧くないですし、ほぼ全篇に渡って繰り広げられる主役二人の会話劇がさほど面白くないのも厳しいです。何とか助かって欲しいと思わせるようなキャラ作りになってないのも問題で、ボンクラなガイドの船に乗ってしまっただけの運の悪い夫婦のワリに同情出来ない。導入部のドラマ作りに失敗したという他にないですね。

 非常に賛否が分かれそうですが、マピールさん的には結末はアレでいいと思います。間髪いれずにエンドロールで緊張感を引っ張ったのも上手い。最初に実話と強調しておきながら実はほぼフィクションってのは反則技だけどまあ許容範囲で。
 サメの恐怖よりも何も起こらないことの恐怖を強調して描く試みはなかなか面白かったですが、一番度肝を抜かれたシーンは必然性もなく披露されたヒロインの大胆ヘアーヌードだったり。・・・あらゆる点で何かが間違ってる映画です。

オープン・ウォーター オープン・ウォーター
ブランチャード・ライアン (2005/11/16)
ポニーキャニオン

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mappil.blog65.fc2.com/tb.php/99-da1d17aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

オープン・ウォーター

TBさせて頂きますので、よろしかったらTBをお待ちしております。 実話に基づいた実にシンプルなストーリーと、デジタル・ビデオによる実録風の画面は、ドキュメンタリーのような効果を上げています。 一番の見所は

  • 2007/01/20(土) 20:11:57 |
  • シアフレ.blog

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。